印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第1巻:page 27 -
 屋敷を出て並んで歩く四人。前衛、ゆかりとしずか、後衛、俺と信長という、バックアタックを警戒しているパーティーのようである。俺はレベル一桁で、信長は高レベルでチートキャラだな。
「この辺りですよ、ゾロの建てた二条城って」
「であるか」
 現代に残っているのは家康の建てた二条城だが、信長も二条城というのを建てていて、それって伊周さまの屋敷の辺りだったりする。その二条城は本能寺の変で明智方に攻め入られ、長男信忠は自刃、城は焼失したんだけど、信長にとっては昨日のことなので言わないでおこう。
 店というものはまだこの時代にはなく、市はあるが、振り売りという行商がメインだ。
 着物は必要だし、酒や調味料だって必要だが、そういうものは朝廷の管理下にあって、専門(あるいは兼業)で携わっている人がいる。
 神社仏閣は絢爛豪華になりつつあるが、それは方違えでの宿泊先に多く利用されたためだ。神社と仏閣は、神と仏で別物なのだが、神仏習合が進んでいく途中にある。統合とは言うが、仏教に神道が吸収される形だな。
 茶店でもあれば暇もつぶせるだろうが、何もないので、ただぶらぶら朱雀大路を南に歩いて行った。
「ゾロ、どうです? ゾロの時代と結構違ってますか?」
「これが京の都というなら、まったく違う」
 このもうちょっと先の四条には、室町時代になると本応寺、つまり本能寺が建てられることになるのだが、これも黙っておこう。
「でしょうね。応仁の乱で滅茶苦茶になったのを保護して復興させようとしたのがあなたですから」
「うむ。その後どうなった?」
「秀吉が後を継いで、復興しました」
「であるか」
 今は貴族中心だが、後に一般の人、『町衆』の力が強くなっていく。応仁の乱からの復興も、信長・秀吉の庇護のもと、町衆が中心となって実現するのだ。
「あんたら、何の話してんのよ」
「……未来の話」
「である」
 ちなみに、最後のは俺。
「ねぇ、ただ歩いててもつまんないから、本部に行くわよ」
「本部って、ゾロ連れてって大丈夫か?」
「平気よ、あんたの連れなんだし、あんただってどこの馬の骨か分からないのに入ってたじゃない」
 そうだけど、馬の骨って失礼だな。
「んじゃ、行くか」
 下って歩いていたのを方向転換。ぐるっと回って内裏に向かうパーティーである。
「本部とは何だ?」
 信長は当然の疑問を口にした。
「内裏の定子さまの私室です。内緒ですけど、定子さまはもうじき皇后になられるお方です」
「何と、そのようなところに、出入りしているのか」
 感心したのか呆れたのか分からない。
「というか、入り浸ってるんですよ、こいつら」
「そうか、ただ者ではないと思ったが、そこまでとは」
 感心の方だったみたいだ。ここの会話でも分かると思うが、俺は敬語、信長は普段通りに喋っている。主だなんだと言ってはいるが、そう簡単には変わらないよな。信長さまってまだ言いそうになるし。
 宮城内に入ると、こそっと信長に教えた。
「ここに、秀吉は聚楽第というものを建てたんです、でも作って八年で取り壊させましたけどね」
「何があった」
「秀次、孫七郎の方が分かるかもしれませんが、秀吉の姉の子ですけど、聚楽第ができて三年後には秀次に譲ったんです。その五年後に、秀吉の逆鱗に触れ、秀次は出家、その後切腹を命じられ、聚楽第は取り壊しになりました」
「孫七郎が何かしたのか」
「秀吉の男子が亡くなって、孫七郎を養子にしてたんですけど、茶々に男の子が生まれたんで可愛くなくなったみたいですよ。あ、茶々って秀吉の側室になったんです」
 茶々は信長の妹、市と浅井長政の娘だから、家系的に上だと見てのことかもしれない。茶々の下の妹、江は二代将軍徳川秀忠の御台所になって、三代家光を生んで春日局と揉めた人だな。小谷城陥落の後、浅井三姉妹は信長と九年も清洲城で暮らしているから、信長はこの三姉妹もよく知っているはずだ。茶々が秀吉の側室になったのは、本能寺の変の六年後のことである。
「天下を取るとそうも変わるか」
 元の時代に帰れたら天下人になるのは間違いなく信長だし、徳川幕府もできないだろう。光秀に本能寺攻めをそそのかしたのは噂では家康らしいですよとか、本能寺攻めの後に秀吉の勧めでお市の方は柴田勝家と再婚して、翌年に秀吉に城を攻められ勝家共々自刃したんですよって、つい言っちゃったから。信長はすっごいキレて、絶対に元の時代に戻って光秀を一寸刻みにして、サルと元康の首を斬るって言ってたし。
 信長が戻れたら歴史がかなり変わりそうだな。
 けど、俺のせいじゃないから。
第1巻:page 28 < 次  枕部之印  前 > 第1巻:page 26

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識