印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第1巻:page 41 -
 その間に油をどかして、水を張った鍋を掛けておく。切った油揚げを入れて煮立たせ油抜きをしたら水に放ち、一枚ずつ手で押さえて水を切っておいてもらう。枚数が多いから、手が多いと助かるな。水を凄く使うから、そのうち水道整備とかしたいな。水道って要は小川みたいなもので、ローマにはあったし、江戸も水道完備だった。時代劇の長屋にあったのは井戸じゃなくて水道なのである。
 俺はもち米の水を切ると、蒸し始めた。寿司酢も作っておこう。
 鰹の干物で出汁作りして、甘葛と酒と醤油を加え、油揚げも入れて煮る。
 ちょっと煮えるまで休憩だ。
「結構あるから、一個ずつならカナッペ食っていいぞ」
「どれよ?」
「……クラッカーにモッツァレラチーズ載せたの」
 もう、言葉なんて現代そのものだな。しずかはモッツァレラって言えてるし。
 しばらく休んでいると油揚げが良さそうなので、火から下ろし、ざるに広げて冷ましておく。
 次はういろう作りだ。火に掛け練って、火から下ろしてもう一度練って、練り終わったところで小豆を投入し、潰さないように混ぜて皿に延ばし、今度は蒸す。
 米が軟らかめに蒸し上がったので、大皿に移すと全員集合! 寿司酢をかけ、俺と飛鳥が混ぜる係、その他は扇で仰ぐ係だ。切るように混ぜろよ、飛鳥。
 お湯にうるち米を入れ、しばらく炊く。
 よし、じゃあ油揚げをこうやって延ばして掌で押して少し汁気を切ってくれ。そしたら、このくらいの酢飯を持って、油揚げを広げて入れるんだけど、良く見てくれよ。
 いいか、そのままだと三角だよな、これを開いてくと四角になるだろ? ここに飯を入れて、下のところを畳んで包むんだ。できるな?
 で、皿に綺麗に並べて置いてくれ。まあ、色んなのができるけど、いいだろう。
 十分ほど経ったので、うるち米食ってみると良さそうなのでざるに上げ、湯を振り切ってしゃもじで返しながら水気を飛ばしてみた。食ってみるとちゃんとご飯だ。
 考えて置いた中でも作れなかったものもあるが、仕方ないな。急いでやるとこうなるってことだ。
 湯葉を作ろうと思っていた分も豆腐にしたものだから、豆腐だけ大量だし。
 冷や奴にでもしておくか。なんでヤッコって言うかというと、一丁を八等分に切ったからで、八はヤで、八個(やっこ)に切ると言ったかららしい。数字の読みに『ひふみよいむなやこ』があるが、これは『ひふみ祝詞』から来ていて、天の岩戸伝説で唱えられているものだ。
 ということで、豆腐を適当に切って終了である。
「ふぅ、みんなありがとな!」
「つ、疲れたぁ。あ、あんたのために手伝ったんじゃないからね」
「なんでわれが、いきなりこんなことをさせられねばならんのぢゃ」
「お兄ちゃんのためなら、何だってするよ」
「……早く食べたい」
「最後にまだやることあるけど、それはみんな集まってからな」
 人が集まるまでみんなには俺の部屋で休んでいてもらい、俺は伊周さまのところへ行ってみる。
 いたのは伊周さま、信長、伊佐だ。
「あ、伊佐いらっしゃい」
「ヒカルが何か珍しいものを食べさせてくれるというので飛んできましたよ」
「や、あんまり期待しないで欲しいんだけど」
「そんなことはありませんよ」
「碁を打ってたの?」
「ええ、壮呂とちょっと。なかなか勢いのある碁ですよ」
 また勢いって言われてるし。可愛くない赤ちゃんを見て、元気そうだって言うようなもんだろう。
「あの、伊周さま。今日の食事は男女一緒でもよろしいですか?」
「ええ、構いませんよ。いつもの食事も一緒でいいと言っているのですが、諾もあかねも遠慮して別に食べているだけですから」
「そうなんですか。では広間を設えます。あの、ふたり増えるって、伊佐と誰ですか?」
「もう言ってもいいかもしれませんね。主上です」
「えぇえーっ!?
 かなりびっくりした。
「もうすぐいらっしゃると思いますから、準備をしてください。お出迎えもしなければいけませんよ」
「こうしちゃいられませんね、失礼します」
 すぐにみんなに事情を話し、屋敷の一番広く部屋が取れる場所に行くと話し合って席を決めた。
 上座は定子さま、帝、道隆さま。上座に向かって右側に、伊周さま、俺、伊佐、信長、諾。左側に、さや、ゆかり、しずか、飛鳥、玉藻、あかね。
 とりあえずそう決めておいて、後で伊周さまに確認することにした。
「よし、準備するぞ、手伝ってくれ」
 諾とあかねも呼んで、総勢七人で準備に取りかかる。十四人分だから、ひとり二人分である。
第1巻:page 42 < 次  枕部之印  前 > 第1巻:page 40

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識