印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第2巻:page7 -
「で、何? また羅延らのべのこと?」
 定子さまは、今、俺の目の前でおしっこしていたことなど微塵みじんも感じさせない声で言われた。こういうところ、現代とはかなり違っていると思う。
「そうなんです、定子さまはもう書かれたのですか?」
 いつもならゆかりばかり喋るのだが、今日だけはそうはいかない。何しろ。アレの運命がかかっているからな。
 冗談だとは思うのだが、本気の可能性もあるところが恐ろしい。
「書いたえ。やすくんに見せたら、えらい感動してはったわ」
「そ、そうですか」
 一番なんて絶対ムリだな。とはいえ最下位だけは何とか避けたい。
「光の君ぃも書いとるんやろ、できたら見せてな」
「はい、もちろんですが、まだ全然書けてなくて」
「そや、ゆかり、他に誰が書くのん」
「定子さまとさやさま、ウチと光、それになぎっていう伊周さまのとこの居候、しずかも絵だけじゃなくて何か凄いの書いたとか言ってましたし、飛鳥も書いたらしいです」
 思い出した、平安文学って女性文学じゃないか。
「ちょっと待って、男って俺だけじゃん!」
「そやねぇ」
「俺なんて入れないで、女の子だけにした方が……」
「絶対ダメ。光が入るから面白いんじゃない」
「だ、だったら他の男も入れるってのは?」
「絶対イヤ。光以外なんてここに連れて来れるはずないし、気持ち悪いだけよ」
 ゆかりめ、俺は定子さまに聞いてるんだぞ。
「まあ、ゆかりがそう言うなら仕方ないなぁ」
 あ、いや定子さままで。
 さやが戻ってきて座り、定子さまにさやが聞いた。
「何の話をされてたのですか?」
「羅延やよ」
 とにかく情報収集あるのみだ。
「あの、さや、さやはどんなの書いてるんですか?」
「私のは遠くから来たおのこと女官の恋物語です。本当は未来人ってしたかったんですけど、それではそのまま過ぎるので、月から来たおのことしました」
 げっ、かぐや姫とちょっとかぶるな。
「ウチの女御と主上おかみはそのままやけど?」
 定子さまカチンと来たのかもしれない。
「だからです。定子さまのがそうなので、私までそのままだといけないかと思いまして」
「さやってもう書き終わったんですか?」
「はい」
 ゆかりが割り込んできた。
「っていうかさ、書いてないのあんただけなんだけど」
「マジ?」
「マジよ」
 どうする、書かないといけない雰囲気じゃないか?
「すいません、俺、書かなくてはいけないので、これで帰ります」
 そういって逃げるように内裏の外へ出た。
 
 ちょっと小腹も空いたし、茶店で何か食わないと頭が回らない。
 どんな話にしようか、歩きながら考えるのもいいだろう。
 しばし逍遙しょうようってやつ。
 帝の好きそうなのって何だろ。
 女の子連中はみんな恋愛もの(BL含む)だから、違うのがいいよな。10歳の男の子が好きなのって、やっぱり冒険とかバトルだろう。友情とかの方がウケそうだな。主人公は、帝がいいかもしれない。
 こんなのはどうだろう……
第2巻:page8 < 次  枕部之印  前 > 第2巻:page6

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識