印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第2巻:page20 -
 麺を茹でるのはなるべく多くのお湯で茹で、差し水はしない。
 ゆっくり鍋の中が対流しているようにするのが良いが、強すぎる対流は擦れて逆効果である。
 ザルに取ったら、すぐに水を掛ける、これを面水つらみずという。
 水に入れ、洗って滑りを取り、ザルに揚げ、化粧水を掛ける。
 新しい水に放ち、取りザルに蕎麦を取り、水を切って、これを盛りつける。
 二八蕎麦や十割蕎麦のような切れやすいものはこれが正式らしい。
 が、俺流はちょっと違う。
 ザルに取って、水に放ち、水で滑りを取り、水を替え、蕎麦を一箸分ずつザルに取っていく。
 手振りというのだが、新潟の『へぎ蕎麦』の盛り付け方である。
 へぎ蕎麦は、『へぎ』という大きな長方形の蒸籠のようなもの(3~4人前)に、一箸分ずつ盛るものだ。
 へぐというのは剥ぐという意味で、へぎは剥ぎにあたる。(へぇで:剥いで、などと使う)
 へぎ蕎麦は、海藻(布海苔)つなぎの緑色をした、コシの強い蕎麦である。
 入れ物をへぎだと書いたが、木を剥いで作るからというのを聞いたように思うが、俺は重ねて置いたへぎを1枚ずつに分けることからへぎではないかと思っている。
 
 なお、これらは盛りとかザルの場合であって、今回は汁蕎麦にするのだから、水から一人前ずつザルに揚げるだけ。
 何のことはない、うどんと同じだ。
 後もうどんと同じ、お湯で温め、つゆを入れ、揚げ玉を載せ、刻みネギを散らす。
 やっていることは立ち食いうどん、立ち食い蕎麦と同じだ。
 にしても、七味がないのが悲しい。
 代わりに焼き海苔を細く切ったものを散らしすと、香りがぐっと良くなる。
 まあまあ、かな。
 瑠璃は俺より上手く打てたかもしれない。
「これ、たぬき蕎麦な」
「へぇ、言うん」
「ウチはうどんの方が好きかも、蕎麦は面倒だし」
「まあ、な。でも腹持ちは蕎麦の方がいいんだぜ。うどんはすぐに腹が減るから。俺に言わせりゃ、うどんは飲み物だな」
 カレーも飲み物だが。
 カレー食いたいなぁ……絶対ムリだけど。マダガスカルとか新大陸とかの香辛料、特に唐辛子がないとできない。
 この時代、インドでは何食ってんだろ?
 蕎麦を食ったので、朝食も終了。
 毎日同じことやってるな。
 瑠璃はちゃんとやり方をメモってる。流石、薬師くすしだ。
 任せて正解。
 本草学は博物学だから、垣根みたいなのは作らないんだろうと勝手に思う。、
 しかし、蕎麦粉を挽くのは大変だということを実感した。小麦粉を作っているところに頼むことにしよう。
「ねぇ、今日も定子さまに差し上げよ」
「いや、蕎麦はダメだ。こっちに来てもらうならまだしも、持っていくのは延びてどうしようもない」
 そもそも、蕎麦は3タテという。挽き立て、打ち立て、茹で立て、そうでなくては美味くないとさえ言われるくらいなのだ。
 もっとも、本当は採り立ての新蕎麦がいいので、4タテかもしれないが。
 その後は馴染みの大工を呼んで、唐箕とうみの制作に取りかかった。
 手回しで羽根板を回転させ、風を送り、上から少しずつ蕎麦(他の穀物も)落下させることで、飛びやすい藁くずなどは遠くへ、実は中間へ、石などは真下に落とそうというものだ。プロペラと違うのは、羽根の付き方で、水車のように垂直になっているものである。
第2巻:page21 < 次  枕部之印  前 > 第2巻:page19

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識