印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第3巻:page42 -
 枕部に戻ると、まず、適当な大きさのかめを洗い、拭いてよく乾かした。モトちゃんと夕月にはよく手を洗わせる。
「料理や食べる前には手を洗えよ。これ、枕部のおきてだから」
 塩をした菜をもう一度揉んでおく。塩漬けにしているのだ。
 甕の中に、取って置いたぬかを入れ、酒粕を一握り入れて、塩を入れる。これをふたりによくかき混ぜさせた。少しずつ水を入れて、全体がしっとりするくらいにする。現代ならぬかの重量の1315%の塩を、同じ重さの水に溶かした塩水を混ぜるといい。
「酒粕がバラバラになるように混ぜてくれよ」
 これはぬか床である。白米はせっかくのビタミンB1を失うので、その補給のため、ぬかで漬け物を作るのは非常に理に適っている。
 漬け物は料理をする上で、かなり練習になると思う。例えば、塩漬けするのに塩を入れるが、俺は目分量でやるようにしている。計らない。漬け物は味見ができないので、数日後、漬かった状態でベストになる塩加減をしないといけない。最初はしょっぱかったり塩が足りなかったりするが、作り続けていると塩加減が合ってくるはずだ。すると、他の料理でも塩加減がビタっと決まるようになると思う。
 きゅうりを洗い、大根は4つ割りにしてぬか床に漬ける。最初に漬けるのを捨て漬けといい、数日漬けて、野菜を換えてまた数日漬け、それから本漬けをする。まあ、もったいないから捨て漬けでも俺は食べるので、捨て漬けにはなっていないのだけれど。
 今後、朝晩、玉子探し同様、ぬか床をかき混ぜるのも日課となる。空気を入れ嫌気菌の発生を抑え、表面に付くかびなどの発生も抑えるためである。
 
 玉子を割り、卵黄だけを適当な鉢に入れる。卵白ももったいないから別に取っておいた。。
 モトちゃんに鉢を押さえてもらい、泡立て器でよく混ぜ、少量の塩を加え、酢を入れていく。よく混ざったら、油は元の同量くらいまですこしずつ足していく。細い糸のような状態で油を流し入れながら撹拌し続けていくのが良い。
 マヨネーズだ。
 漢字を充てるなら、混予寧酢とかかな。予め丁寧に混ぜた酢とかで。まあ、そういうのしずかが得意だから、どんな字を充ててくるかちょっと楽しみだ。
 日本でのマヨネーズは大正時代に売り出された。ポマードと間違って頭に付けた人もいたらしいが、トレードマークの天使みたいな人形の髪の毛のせいかもしれない。マヨネーズはフランス語だが、フランスで作られたのは18世紀のようだ。つまりは世界初の食べ物ということになるな。
 きゅうりを洗って縦に4つ割りにして、マヨネーズを小皿に取り分け、たっぷり付けて食す。久しぶりのマヨネーズだ。マヨラーというほどでもないが、よく食ってたから懐かしい味がした。
 ふたりに食べさせると、目を見開いて唸っている。「美味しい」という声が聞こえたのだろう、瑠璃もやってきたので、食べさせた。4つ割りにしたからちょうどだった。
「なんやのこれ!」
 瑠璃も気に入ったようだった。
 ちょっと前に見た映画で、伊賀の忍者がご飯にマヨネーズだけを掛けて食べるというシーンがあった。そのうち、伊賀や甲賀の連中に食べさせてみたいと思ってしまった。
第3巻:page43 < 次  枕部之印  前 > 第3巻:page41

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識