印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第4巻:page26 -
 そこに突然、声が響いいた。
「そこにおるんは誰じゃえ?」
「あ、詮子さまですか。光です」
 司令室に入ってきた姿を見て、俺は答えた。
「まためのこを大勢連れて、派手にやってはりますなぁ」
「すいません」
「かましまへんけど。ん? そこなめのこ、えらい可愛いらしおすなぁ」
「わ、私のことですの?」
 帝を直撃する詮子さま、ちなみに帝のご生母さまである。
「何や、うちの子ぉに似たとこもあって、妾の好みの顔やし」
「そ、そうですの? 私の母もあなたにそっくりですから、他人とは思えませんわ」
 いや、実母だから。
「ん? むむっ? あ! 何してはりますの、主上おかみ
 バレてるし。母親だもんな、ちょっと変装したって見破るのも当然だろう。
「何のことですの? 妾に主上とは?」
「もうバレてますから、傷が深くなる前にお止めください」
 俺は止めましたからね。
「光の君も冗談がお好きですわね、おっほっほっ」
「定子、これは何の真似どす?」
 詮子さまは声が一段下がって、ちょっと怖い。
 マズい、定子さまが嫌われるのはかなりマズい。
「違います、定子さまは関係なくてですね、俺が悪いんです。まさか帝がこんなになられるとは思ってなくて」
「目的が分からしまへんけど、元には戻るんどっしゃろな」
 怒りが半減、心配がちょっと出てきたという感じだろうか。
「大丈夫です、着替えられればいつもの主上にお戻りになられますから」
「まあ、主上も息抜きは必要や思いますけど、やり過ぎはあきまへんえ」
「承知しております」
「光さま、これを」
 諾が差し出したのは帝の着物だった。でかした、諾。
「すぐにお着替えを」
 さやに目配せして、着替えを手伝う。
「何をなさいますの? あーれー」
 くるくる回る帝。いや、そういう帯は使ってないんですが。
「はっ! ここはどこでしょう? あ、母さま、一体どうして」
 演技ですよね主上、でもバラすと面倒なので、今回は合わせることにした。
「音流府というところです、主上。詮子さまはそこで指揮を執られています」
「摂政から聞いたことがあります。ここがそうですか。何か味噌とかの匂いもしますが」
「すいません、牛肉の味噌漬けとかも置いてありますので、後で片付けますから」
「それで思い出しましたえ、光、この前、なんやら祭とかやらはったみたいどすなぁ」
 怒っている風ではなく、世間話という感じである。
「あ、はい。牛食い祭です。牛肉を食べるだけのものですけど」
「えらい賑わったそうで、妾は呼ばれてましたかなぁ」
「えっと、もしかしてお話しませんでしたっけ」
「えぇんどすけどな、妾は肉などというものは食べしまへんから、ただ、薬としてなら食べへんこともないのんどすけど」
 そういうことですか。この否定の否定というのは英国人と同じ感じがする。
「分かりました。作らせていただきますから詮子さま。モトちゃん、いいかな?」
「ん? あ、遅くなるってこと? 詮子さま、父も伺ってよろしいでしょうか。光と飲むってお酒のいいのを絞らせていましたので」
「酒? 良いのんの絞りたて? よろしおす、呼びなはれ。酒も忘れんと持って来はるよう言うてな」
「分かりました、すぐに伝えます」
「母さま、息子の朕が行くのに不都合などありませんよね」
「かましまへんけど、ちゃんと言うてなあきまへんえ」
「あの、ウチも行きたいんですけど、ええですか?」
「定子も? 仕方おへんなぁ、来るな言うたら意地悪みたいやし」
 ちょっとトーンが下がるのが気になるな。息子の嫁ってそんなもんなんだろうか。戦前とかはそういうのあったらしいけど。あ、今は戦前か。
 と、俺の脇をこづくのがいる。それも複数だ。
「俺が料理するのに、手伝いも必要なんですが、連れて行ってもいいでしょうか」
「手伝いなら仕方おへんわな」
 準備もありますから、しばらく後で伺いますのでと言って、肉やら何やらを枕部に運んだ。重い半身は触れないので、羅螺と玉藻に運んでもらう。150キロくらいあるだろうが、関係ないらしい。つくづく、物理法則を無視したやつらだ。
 帝にまで運ぶのを手伝わせてしまったのは心が痛んだ。
第4巻:page27 < 次  枕部之印  前 > 第4巻:page25

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識