印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第5巻:page1 -
 枕部、朝の風景。
「ふゎあぁ、おはよ」
「はしたないです、ゆかり、ちゃんとしないと光に嫌われますよ」
「あ、ごめんなさい、さやさま。大丈夫、光はまだ来てないから」
「そういうことではありません。心構えを言ってるんです」
「はぁい」
「おぁふぁぃ、ぁよう」
「原子さまも、はしたないです」
「ごめん、さや姉ちゃん。もって何?」
「あらあら、朝から元気ですねぇ」
「あ、お姉ちゃん、おやようございます」
「はい、おはよう」
「てるもいるよ、おはよ!」
「おはよ、てる。ねぇ、光は?」
「光はまだ来てないよ」
「そっか、うちにはいなかったから、どこか回ってから来るのかな?」
 しずかと玉藻が来た。
「……光が京にいない」
「ご主人さまの気配が消えているのよ、誰か知らない?」
「「「えぇっ!?」」」
「落ち着いて、妾は神ですから、見てあげましょう」
 みんなで見守った。
「大丈夫、いましたよ。白い馬に乗って走っています。後ろに知らない女の子が乗っていますから、駆け落ちでしょうか」
「「「駆け落ちぃ!?」」」
 飛鳥と瑠璃が来た。
「何ぢゃ、何があったのぢゃ?」
「駆け落ちて聞こえたけど、誰が駆け落ちしたん?」
「光と知らない子だそうです。お姉ちゃんが見てくれたんですが」
「諾と夕月がおらんようぢゃが」
「いくら何でも、そのふたりを知らんとは言わへんやろ」
「しずか、あんた何でも分かるって言ってたじゃない、分からないの?」
「……光が部屋を移ってからはさっぱり聞こえない」
「そういえば移ったことを知ってたし、あんた光の部屋に何か仕掛けてたわね」
「そっか、うちだと気軽に入り込めないからね」
「……そう」
「とりあえず何かあるかもしれないから、うちに帰って光の部屋に行ってみるね」
「分かったわ、行こう!」
「何でよ、あたしんちのことなんだから、ゆかりは関係ないじゃない」
「みんなで行くの! 枕部は個にして全よ! 移ってからの光の部屋には行ったことないんだからね」
「まあ、いいけど。それならみんな集まってから移動しよ」
「いいわ」
 諾と夕月が来くのを待って、原子の家に移動した。
「ここが光の部屋よ」
「へー、え? 前の部屋のまんま?」
「そう、お父さまが同じにしろって修理職呼んでやったの」
「……引っ越した意味なし」
「待ってください、これは?──ふたりは白馬に跨がり、永遠の時を旅した。死すらふたりを別つことはできないのだ──ってありますけど」
「諾、それって心中じゃありませんか?」
「夕月、気軽に殺さんといて」
 貴子が来た。
「枕部が集まって、何してはりますのや?」
「お母さま、光がいなくなって、駆け落ちとか心中とか」
「そんなアホなこと。朝早うにあかねと出かけるのを見ましたよ」
「あかねと?」
「……身分違い」
「駆け落ち?」
「心中!」
「「「大変だ!」」」
「妾と羅螺は周辺を探す! 応援も要請しておく」
「あたしたちもすぐに衛姥で出るわよ!」
「よし、行くのぢゃ」
「……待って、乳帯符を!」
「神を集めて探させましょう。てる、あなたが呼びなさい」
「はい。母さま」
 京には百鬼夜行が飛び交い、八百万の神が集い、衛姥ん蹴り音がこだました。
 人々はこの世の終わりを確信したという。
第5巻:page2 < 次  枕部之印  前 > 第4巻:page47

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識