印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第5巻:page9 -
 枕部に着いて、地下食料庫にビールを安置した。
 何となく、柏手をふたつ打っておく。ぱん、ぱん。美味しくなれよ。
 
 ビールのお披露目について伊周さまに話をしに行かなければならないので伊周邸へ。昨日も宴会(昇進祝い)してたから、宴会ばかりしているかもしれない。
 貴族だからいいんだけど。
「光です、お邪魔します」
 勝手知ったる伊周邸、すいっと上がって、伊周さまを探す。
「光ですか? こちらへ」
 俺の声が聞こえたのか、伊周さまから呼ばれた。声のする方に行くと、朱鷺がいた。
「光、そこへお座りなさい」
「はい」
「諾たちから話は聞きました。あなた、この人を見捨てるつもりですか?」
「とんでもない、俺が光源氏だと言っても信じないんで、放っておいただけですから」
「朱鷺、それは本当ですか?」
「え? 本当に光源氏なのけ? はぁ、噂ってのは尾鰭が付くって本当なんだっちゃねぇ」
「つくづく失礼だな、お前」
「まあ誤解だったならいいでしょう。光、この人を助けてあげてください」
「はぁ、ですが、どうやら相手が悪いらしくて」
「相手? それは贄にされる妖怪のことですか?」
「はい。元神さまで、イザナギらしいんです」
「イザナギ? あの古事記に書かれている国を作った神のことでしょうか?」
「そうです、そのイザナギが桃源郷を作るとか言って、何やらやっているそうです」
「そうだっちゃ、イザナギって言ってたっちゃ、おめよく知ってるっちゃね」
「えっと、朱鷺、『あなた、この中を見てください』って佐渡の言葉で言ってみ」
「なんだっちゃ?『おめ、この中見るっちゃ』」
「光、バカなこと言ってないで、どうするか考えなさい」
 ちょっと顔が赤い伊周さまである。
「まあ、イザナミが何とかなるようなことを言ってましたし、佐渡に行くと言ってますから、俺の用もあるので、5日後くらいには出立するように準備はしております」
「そうですか、なら朱鷺も連れて行って、対処してください。衛姥も出すのですか?」
「多分、衛姥でも太刀打ちできなさそうですし、使わないことにしようと思います」
「分かりました。私の方でも各方面に知らせておきましょう」
「お願いします。それで、もうひとつのことなんですが、例の酒を飲む会を催したいと思うのですが」
「そうですね、壮行会も兼ねてやりますか」
「では3日後ではいかがでしょう。場所は、こちらでよろしいですか」
「かまいませんが、枕部も来るとなると入りきるでしょうか?」
「やつらは固まってもいいですから、昨日より何人か増えるだけですから大丈夫だと思います。それと常さんと長さんはお世話になったので呼んでもよろしいでしょうか」
「そうですね、苦労をかけましたから。詮子さまは私からお誘いした方がいいですね」
「お願いします。一番大事なところですから。ゆかりたちから定子さまへ、定子さまから主上へお伝えいただきますので、そちらはお任せください」
「ええ、では3日後に。それと出立まで朱鷺は前の光の部屋に泊まらせますから」
「分かりました」
 夕飯時なのでうちに帰り、モトちゃんに3日後のことや佐渡行きについて話した。もちろん行くというが、ちょっと心配だ。
 道隆さまが帰って来られたので、話をしに行く。
「それで3日後に伊周さまのところでその酒を振る舞うことになりました」
「うむ、この3日は長く感じそうだわい」
「それで5日後には佐渡に発とうと思います」
「そうか、無事に行って来るようにな」
「ありがとうございます。あの、原子さまも同行されると言われているのですが、よろしいのでしょうか」
「何か問題があるのか?」
「いえ、ご心配かと思いまして」
「構わん。お前と一緒にいて何の心配することがあろう」
「はぁ」
「あいつのしたいようにしてやりたいのじゃ。のう、光源氏、どうか原子を頼む」
 そう言って道隆さまは深々と頭を下げられた。
「分かりました。お任せください」
 それ以外に言えないよな。
 顔を上げた道隆さまが笑っていたのが、喜ばれてのことか、してやったりだったのか分からなかったが。
第5巻:page10 < 次  枕部之印  前 > 第5巻:page8

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識