印Let's Write The Japanese First Light Novel.
Since 2012-06-01
Update 2014-07-01
携帯・スマホからもご覧いただけます⇒

第1巻 時間と歴史

第2巻 羅述と衛姥

第3巻 事件と救出

第4巻 牛肉と麦酒

第5巻 旅路と佐渡


主要キャラ 画像



枕草子 原文 全323段




  (ルビ表示が正しくない場合)


横 縦     並 大 特大     G M
- 【俺のラノベは平安絵巻】 第5巻:page45 -
 突然だが、ここで問題である。
 柏崎、織田で連想するのは何か?
 1 分からないという人、普通である。心配いらない。
 2 柏崎物語だという人、歴史通あるいは歴史マニアかもしれないが、問題ない。
 3 某女性声優を連想した人、重病である。
 4 両方『奈』が付くという人、同上。
 
 三嶋駅に着き、漁師を紹介してもらい、真鯛2匹と山ほどのサザエを分けてもらった。
 湯を沸かすのと飯炊きは夕月とさやに任せた。
 駅の脇に浅く穴を掘り炭を綺麗に並べて熾し、鉄の棒を渡し、その間に慎重にサザエを置いていく。口が真上を向かないといけない。
 じゅうじゅうとサザエが吹いて来たら、醤油を口に垂らす。良い香りが空腹を増加させてしまうが、こればかりは仕方ない。
 厨房に入り、鯛の鱗を包丁の背でそぎ取り、3枚に降ろす。皮を上にしてお湯を掛け、すぐに水に放ち冷やしておく。
 骨や頭などのアラはぶつ切りにして、湯を掛け、残った汚れや鱗を落としたら、鍋に入れて煮る。
 鯛の身は水をよく切ったら、造りにし、鍋が煮えたら灰汁を取って、味噌を溶く。鯛のアラ汁である。
 サザエの様子を見に行き、全部の壺焼きを終えた。
 もぞくは水で洗うのだが、絶対に手で洗ってはダメで、箸でかき混ぜないとネバネバが出て来てどうしようもなくなる。
 飯も炊けたし、さあ食おう。
 いただきますの合唱の後、珍しげにしながらも、竹串でサザエをいかに上手に取り出すかが競われていた。
 土地の料理も出してもらい、役人も混ざっての食事である。
 鯛はやっぱり皮があった方がいいな。アラ汁も美味くて、どうしてこんなに出汁が出るのかと思うくらい良い出汁が出ている。サザエは身の真ん中に砂があったりするし、最後のにゅるっとしたところは苦いのだが、全体としては最高だ。
 もぞくはポン酢・土佐酢・三杯酢などでもいいが、わさび醤油でも美味い。
 飲みたくなるが、これから船に乗るのだから止めておく。きっとリバースするから。
 食ってすぐも危険なので、しばし休憩だ。馬にも別れを告げなくてはならない。
 
 通らないことになったので、少し越後の話をしよう。
 越後は当初、頚城くびき郡と沼垂ぬったり郡のことであった。それは上越から新潟市辺りまでで、それより北は何かというと蝦夷えみしだったのである。後に出羽国ができ沼垂以北も越後に編入されたのだ。
 平安時代の海水面は現代とほぼ同じか少し低いのだが、これは奈良時代より1メートルほど高い。この後、11世紀には50センチほど低くなり、12世紀になるとまた50センチほど高くなる。これらを平安海進という。その後、寒くなり戦国から江戸時代にはもっと海水面が低くなる。
 たった50センチと思われるかもしれないが、2100年の海水面予測では18~59センチの上昇だといって大騒ぎしているのを考えれば、どういうものか分かるだろう。
 千年あるとかなりの土砂が溜まる。現代の話だが、信濃川の治水のために大河津分水おおこうずぶんすいというのを作った。これにより流れ着く土砂の量が減り、河口近くの海岸は浸食されて失われつつあるが、逆に分水近くにはそれまでにない土砂が流れてくるため陸地が増えている。たった50年で650メートルも海岸線が遠くなっているのである。単純計算すると、990年から2010年では13.26キロメートル増えることになる。それも、たった1本の河川の分水口によってだ。
 越後は海岸近くに山(元は砂丘)があり、その内側が平野で、更に内側が山である。その平野と言っているところは平安時代ではほとんどが海なのだ。
 新潟が米所だというが、それはあまり古い話ではない。新潟市に亀田というところがある。サッカーチームの胸に書かれているから名前くらいは知っているかもしれない。その亀田地域は入ると肩までつかるという農地で、農閑期にはどぶねという土や泥を積んだ船で、少しでも田を浅くするために泥を運び入れたのだという。それが平安でも江戸でもなく、昭和の話なのだ。3年1作と言われたほど、洪水に流され米所とはほど遠い地だったのだである。
第5巻:page46 < 次  枕部之印  前 > 第5巻:page44

【お知らせ】
広告のお申し込み・当ページプログラム販売など承ります。委細メールにて。
(著作表示より送信)
 
▽ 基礎知識 ▽

平安用語の基礎知識
 
関連用語の基礎知識